吹奏楽打楽器奏者徒然日記

すべてを忘れ、すべてを愛す。すべてを憎み、すべてを求む。すべてに怯え、すべてに欺く。すべてが必要なブログ…………

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素朴な疑問w

皆さんも感じたことがあると思います。

そんな素朴な疑問を自問自答形式でかったるいけどやりますw

Q1ボタンの打ち合わせ

A 色々ありますが、主なものはどっかの国の婦人が
スカートの下にズボンをはいたことによって、上の服も。とおもったらしいが、
それに対して男性優位な当時は男性が断固否定。
ズボンすらも否定されていた。
それで、当時は仕立て屋も男性だったから
『男と同じものを切るなヴォケ』と言うことで
左前にしましたとさw
無駄知識ですw
ほかにも色々説があるのでしらべてみては??

『かごめかごめ』の意味

A ってどうでもいいかw
とりあえず解釈。
『かごめかごめ かごの中の鳥は いついつ出会う 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面誰』
と言う有名な歌(?)ですが
これの意味って考えたことあるでしょうか
『かごめかごめ』 篭目篭目(籠の中から見ている。)
『籠の中のとりは』 檻等に入れられている人は
『いついつでやる』 いつになったらであえるのだろうか
『夜明けの晩に』 夜明けなのに晩である意味がわからない。
         夜だが朝であり朝だが夜という。
         つまり日ではない。出られない
『鶴と亀が滑った』 長寿の生き物が滑る=死
          死んでしまった。
『後ろの正面誰』 貴方は誰?

「籠の中でいつもみている。私はいつになったらであえるのだろうか。
いや、であえないだろう。そのうち私は死ぬのだ。私はいったい誰?」

と言う感じの歌でしょうか。これは私たちが小学・中学時代に考えたものですから実際とは異なるでしょうが、こういった解釈で私はいます。

ってこれも無駄知識w


こんなものしか今は書いてないけど、またこれから書いていくかw

暇なときに第2弾発足かも(ぁ

皆さんも素朴に疑問を感じたことは調べましょうw

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。